メインブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

メイポ

こっちで日本のメイプルはできないんだよなぁ
久しぶりに弓やりたいとおもったんだけど、
何かVPNを使ったIP迂回といった方法もあるらしいが、
無料のやつだとずれるんだよ、ボタン押してから反応するまで約一秒ほど。

仕方ない…韓国版やるか!ってことで入ってみた。

メイポの記事書くなんてずいぶん久しぶりだな。


あ、大規模アップデートがあったらしい
てかこれ完全に違うゲームになったと言っても過言ではない。

1.jpg

入ったらなぜかスキルポイントが89…。
えええええええなんだこれはとおもったら
どうやら1、2、3、4次に新しいスキルが追加されたらしい。
それだけでなく、すべてのスキルの再編成。
アップデート前と比べてダメージが2~4倍になった。
それにテレポートだけでダメージ+スタンを与えられるらしい。
時間がない関係で、まずはSSだけでもどうぞ。
詳細は後から追加する。

3.jpg

4.jpg

5.jpg


6.jpg


7.jpg


8.jpg


9.jpg


10.jpg


11.jpg


12.jpg


13.jpg


各スキルの主な変更点といったら、(火魔ね
passiveスキルの増加(ダメージアップ、無属性に変更、ドットダメージの追加)
くらい。
で、話にならんくらいダメージがあがった。
10k越えがやっとだった俺が
20k、30kは余裕で出るくらいにね
ドットダメージの追加によって
毒狩りはなくなりそうだ。
これあったら毒いらないもんだって・・・

あとテレポしただけで複数の相手に15kくらいのダメージ+スタン

テレポ狩りもでるぞこれ
スポンサーサイト
別窓 | にひひ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

題なし


日本でもおなじみ(?)の
google nexus one に携帯変えました。
ちなみにアドは
kadeuk2004@naver.com (PC)
kadeuk2004@gmail.com (Phone)


nexus one

mobile internet deviceの世界化…。
別窓 | にひひ | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

昨日とても変な夢をみた。
夢だから何が起きてもおかしくはないがな。
とりあえず、その話をしようと思う。

自分が眠りに落ちるその境目って、大抵自覚できないよね。
俺も「気づいたら夢の中だった」という感じ。
まぁ、起きてからそれが夢だってことに気づいたんだけどな。

そんで夢入り。
とりあえず周りは真っ暗で、何も見えはしなかった。
光一点なかったのだから、自分の腕や足なども見えなくて当たり前だな。
不思議と思いながら少し前に進んだ。
そしたら、とっさにいちごの顔が現れ、俺をみて嘲笑い始めた。
びっくりしたよ、いくら夢とはいえ、急に現れたんだからなぁ。
瞬間的に凍りついた俺を中心に、気体が拡散するように背景が変わった。
そして、あっという間に俺といちごは、夕日の入る教室の中に二人、たたずんでいた。
教室は清掃中だったのか、椅子が机の上にあげられたまま、前の方に詰めて並べられてあった。
教室のドアは確かに閉められてあって、誰かが開ける気配は全く感じなかったが、
いつの間にか鼬が俺といちごの斜め横に立っていた。
ひとりじゃなかったな。
そう、彼女と一緒に立っていた。
直接彼女と言うことを聞いたわけではないが、なぜか「鼬の彼女かぁ」という根拠のない確信感が湧いてきて、
勝手に確信した。
でも、どうやら間違いではないらしい。
それで、鼬に「おー彼女できたのか、おめでとう」と言ったら、鼬は微笑…。
どうやら照れてるらしい。
鼬の彼女の顔は覚えてないが、見た瞬間「なるほど、かわいいな」とは思った記憶がある。

いろんな話を2人で交わしたなぁー。(いちごと鼬の彼女を除く){いちごは何故か無言のままだった}
最近何して過ごしてるの?とか、
どういうアニメみてるの?とか…
お前、長門はどうなったんだ?とかね。

まぁ、ここまでなら普通の夢として受け入れられるはずだ。
友達が夢に出て会話をするって言うのは、そう不思議なことではないからだ。
いないはずの彼女の出没も…まぁいいとしよう。

俺が変だと思ったのはここからだ。
会話の途中でいきなり「あ、ごめん、時間切れた、戻る」などと言って狸になったのだ。


tanuki.jpg
         (↑ イメージ) 
そして、窓の外へと跳び降りた。
何階だったのかは分からないが、窓の外へ跳び降りるのは危険だということを
本能的に認知していた俺は、「おい、危ないぞ」と叫んだ。
なのに鼬(たぬき)は何も聞こえてなかったかのように、尻尾をプロペラのように回しながら空の彼方へと飛んで行ったのであった。



終わり

その後は目覚めて「何だこの狸に釣られたような妙な気分は」と思っただけ。
別窓 | にひひ | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| メインブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。